医者に行って、患者が「私はインフルエンザなので、タミフルを処方してください」と指定する患者はあまりないと思う。

 

たまに自分で“診察”してしまう人もいるだろうが、少なくとも多くの人(病人)は、今自分を苦しめている症状を、できるだけわかってもらえるよう伝え(努力をする)、医者に正しい判断をしてもらいたい(もしかしたら他の病気かもしれないし)

 

専門家である医者は、目の前にいる患者から ヒヤリング(問診)し、必要に応じて検査し、知識と経験から、病気を判断し最適な治療を提案するのが仕事。

 

患者は「自分のこと」は自分が一番よく知っているはずだが、如何せん「病気のこと」に関しては素人であり、病気のことは専門家である医者が一番知っている(はず)

 

「かかりつけ医」がいると、さらにありがたい。普段の私を知ってくれているからだ。もしかかりつけ医が、さらに専門性の高い検査や診察が必要と判断したら、高度専門医につないでくれるはず。

 

医者と患者の関係も、われわれとお客様の関係も同じじゃないか…と思う。

医者もわれわれも、それぞれの分野で専門家であることはもちろんだが、その前提となるのは、「詳しく話しをしたくなる、そして聞いてくれる」関係づくりにある。

ふつう、それを信頼関係と呼ぶ。

 

素人である“当事者”と、専門家である“部外者”の関係が、信頼でつながった時に、最適な価値を受け取れる。

われわれは、お客様にとって、言いたいことをわかってくれる「かかりつけ医」なのだ。

 

医者は病気のことは知り過ぎるほど知っているのだろうけど、素人である患者の拙い言葉や気持ちをまじめに聞かない人もいる。

よく聞いて、素人にわかりやすくかみ砕いて説明してくれる医者に出会うことは少ない気がするのは私だけかな~。

 

医者と患者の関係から学べることは実に多い。